ユーザー目線のコンテンツづくり

ホームページ制作を行う際、各コンテンツづくりとしてネットユーザの存在を意識した形式での文章づくりを行っていらっしゃいますでしょうか。これまでは文字情報を得るとなると紙媒体としての雑誌や新聞などが主な情報源でありましたが、インターネットの普及とともに SNS やポータルサイトなどからのコンテンツ情報が、日常的に活用される主な情報収集ツールとして活躍するようになりました。ふと思いがけず気がついてみると雑誌や新聞よりもスマートフォンから得られる情報に多くの時間を費やしている方々も少なくないでしょう。

実際に雑誌や新聞などの紙媒体上で見る文書と Web 上で見る文章には違いはないように見えますが、それぞれのメディアとしての特性や性質をきちんと理解したうえで、それぞれのユーザーに情報を発信することがポイントとなってくるようです。コンテンツや文章を作るためには何よりも伝えたい情報の内容を正しく伝えることが重要でありますが、各媒体の特性をよく理解し、さらにはユーザー目線からのコンテンツの見え方といったユーザーの存在ありきのコンテンツづくりが求められてくるでしょう。