色のコントラストも重要

メニューの配置などはどのWebサイトでもあまり違いはありません。ホームページ作成で差別化を図ろうとすれば、やはり画面デザインやコンテンツのボリュームとその中身。なかでもデザインの良し悪しはダイレクトに利用者の目に飛び込んでくる評価が大きく左右する要素と言っていいかもしれません。

デザインの一つに色の使い方として配色があります。良いコンテンツであってもその配色が適当でないとトータル的に評価されない場合もでてきます。配色には、色自体の使い方とそのコントラストが強く反映されてきます。判断の目安として白黒画面に切り替えてみるという方法があります。色を濃淡だけに絞る、つまり白黒にしてみるとよくわかる、という仕組みだからです。メリハリの利いたデザインこそユーザビリティとしても優れていると言われる所以です。